[鉄印帳を携えて] 井原鉄道(岡山編)

井原鉄道は、岡山県総社市から広島県福山市までの4市1町の15駅(全長41・7キロ)を、ディーゼル車が約1時間で結ぶ。沿線で途中下車すれば、歴史物語にあちこちで出会える。源平合戦で扇の的を射抜いた弓の名手・那須与一にちなみ、井原駅の駅舎は弓矢を模した外観だ。駅前には扇のオブジェが設置され、シーズンには一発合格を祈願する受験生が、お守りの切符を買いに訪れる。西日本豪雨で被災した川辺宿駅(倉敷市真備町)の近くには、「名探偵金田一耕助ミステリー遊歩道」が整備され、遊歩道の先には作家・横溝正史が戦時中、疎開した旧家が残る。横溝は、この旧家で構想を練り、「本陣殺人事件」など、一連のシリーズを発表した。井原鉄道の鉄印は、大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の題字制作を手がけた、倉敷市出身の書家・中塚翠涛(すいとう)さんのデザイン。「Ibara Railway」の頭文字「I」と「R」から「愛ある鉄道」を名乗っており、鉄印もハート形になっている=倉敷支局 岡信雄撮影  2020年11月9日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 14

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ