「震災5年 触れる」 がれき撤去のダイバーと共に

海底のがれきをダイバーたちが揺り起こすと、泥土がもくもくと巻き起こった。視界が茶褐色に暗転し、その中で影がうごめく。岩手県越喜来(おきらい)湾に面する漁港での、ボランティアによるがれき撤去作業。港内には5年たつ今も漁具や金属片が散乱し、手を触れるとまるで、あの日以来よどみ続ける時間が、泥とともに沸き上がって来るかのようだ。自然の力は生命をつむぎ、被災地の海は豊かな再生を遂げつつある。でもその深みにはあちこちに、まだ巨大ながれきの塊が残る。水温8度。「三陸ボランティアダイバーズ」代表の佐藤寛志さん、地元の漁師で「自分の海は自分で守る」と、震災後潜水のライセンスを取った佐々木淳さんが、この日の作業の収穫を引き揚げた。2人が言う。「これまでも海は多くの命を奪い、そのたび人々は乗り越えてきた。それが、海とともに生きるということだ」=大阪本社写真部 尾崎孝撮影 文・編集委員 結城和香子 2016年3月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ