東日本大震災3年 田老 「学ぶ防災」

震災前は「万里の長城」と呼ばれていた巨大防潮堤(高さ10メートル、全長2.4キロ)の一部が壊れ、181人が犠牲となった岩手県宮古市田老地区。宮古観光協会の元田久美子さんは震災の教訓を語り継ぐ「学ぶ防災」という活動を行っている。防潮堤の上で田老地区の津波の歴史を語った後、6階建ての4階まで浸水し、大震災の惨状を伝える遺構として保存が決まった「たろう観光ホテル」で押し寄せる津波の映像を見せて防災教育を行っている=東京写真部 川口敏彦撮影 2014年3月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ