厳寒、岩手・三陸の海で復興の潜水作業

岩手県大船渡市の鬼沢漁港。この季節、朝晩の気温は氷点下10度まで下がり、水温も2〜3度しかない。厳しい寒さの中「三陸の海を元の美しい姿に戻したい」と、潜水作業を続けているダイバーが佐藤寛志さんだ。震災1か月後の4月から海中の漁具のひき上げや、がれきの撤去をしている。自身のネットワークで呼びかけ、NPO「三陸ボランティアダイバース」も結成した=大阪本社写真部 上田尚紀撮影 2012年3月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ