気仙沼線の鉄橋に復興願う大漁旗

震災で不通となっている宮城県気仙沼市のJR気仙沼線の鉄橋に13日、がれきの中から見つかった大漁旗約180枚が掲げられた。津波で沿岸部の倉庫から流失した大漁旗を、同市でワインバーを営む伊藤雄一郎さん(43)が根気よく探し続け、持ち主に返してきた。この日は「港町がかつての元気を取り戻してくれたら」との願いを込め、市内を流れる大川で洗った旗をつり下げた=気仙沼通信部 中根圭一撮影 2011年9月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ