【震災から半年】鎮魂願い夜空に灯籠

東日本大震災から半年を前にした10日夜、津波と福島第一原発事故で甚大な被害を受けた福島県相馬市で、デザイナーの山本寛斎さん(67)が、鎮魂の願いを込め、巨大な灯籠1000個を被災者らとともに空に放った。1000人が、竹ひごで骨組みを作った円筒形の灯籠(高さ約1・5メートル、直径約60センチ)の内部に火をともすと、灯籠は潮風に乗って空高く舞い上がった=東京本社写真部 菅野靖撮影撮影 2011年9月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 23
  3. 24
  4. 25
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ