【震災から半年】砂浜に響く鎮魂の鐘

東日本大震災発生から半年となるのを前に、宮城県七ヶ浜町の菖蒲田浜海岸で10日、町内で活動するボランティアらによる、「復興セレモニー」が行われた。地震が起きた午後2時46分に追悼の鐘が鳴り響き、参列者500人は海に向かって黙とうし、犠牲者の冥福を祈った。一面がれきだった海岸が、砂浜が見えるまでに復旧した姿を全国の人に見てもらおうと、町災害ボランティアセンターなどが企画。黙とう後は、全国65か所の海岸から集めた砂を波打ち際にまき、さらなる復興を願った=東京本社写真部 菅野靖撮影 2011年9月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ