郷土復活の願いこめ「桜舞太鼓」

岸壁に乗り上げた大型貨物船がそのまま残る岩手県・釜石港。近くのがれき集積場を整備して作った特設会場で17日、「釜石夏の港まつり」が開かれた。 最初にステージに立ったのは、郷土芸能「桜舞太鼓」を受け継いだ創作和太鼓集団「鼓舞桜会」。演じ終えると、鳴りやまぬ拍手の中、佐藤勇人会長(41)は天を仰いだ。「勇輝、太鼓の音、天国まで届いたか」。ステージの端には、津波で亡くなった会員、倉又勇輝さん(28)の遺影が置かれていた。3月11日の大津波で練習場としていた集会所も太鼓29個も全て流された、しかし、復活に向けメンバーは、気持ちは一つに猛練習を続けていた=東京本社写真部 安川純撮影 2011年7月25日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 26

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ