津波の猛威を今も伝える震災遺構…岩手・陸前高田

岩手県陸前高田市にある「旧気仙中学校」と「旧道の駅高田松原(タピック45)」。東日本大震災から9年半たった今も、被災した当時のままの姿で保存されている。震災当時、旧気仙中は屋上まで達する14.2メートルの津波に襲われたものの、生徒と教職員は高台に避難し、全員無事だった。タピック45では、外の階段を駆け上がり、3人が巨大津波から難を逃れた。旧気仙中とタピック45は、内部を見学できる震災遺構として生まれ変わるため、見学通路などを整備する改修工事が9月から始まった。来年にも内部公開される予定だ=東京本社写真部 上甲鉄、伊藤紘二撮影 2020年9月7日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 28

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

読売新聞購読申し込み

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ