読売新聞オンライン

メニュー

定点撮影で見る復興の軌跡<女川町>

宮城県女川町の沿岸部には、防潮堤が建設されなかった。堤防で危険はゼロにはできず、狭い宅地を減らすことにもなる。そこで山を削り、宅地を造成する工事が始まった。しかし、山の下は固い岩盤。周囲には人が住み、病院もある。騒音や震動の少ない特殊重機を投入したり、火薬の量を通常より減らして発破したりして、工事は結局、4年半も続いた=東京本社写真部撮影 2020年12月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 32

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)