認知症界のレジェンド 長谷川和夫さんを囲む会

認知症医療の第一人者で、診断の物差しとなる「長谷川式スケール」の開発者として知られる精神科医の長谷川和夫さん(90)。認知症への理解が少しでも深まればと、2017年に自らが認知症になったことを公表しました。あれから間もなく2年。現在、名誉センター長を務める「認知症介護研究・研修東京センター」(東京都杉並区)で、7月30日、かつての教え子たちによる「長谷川先生を囲む会」が開かれました。再会を喜び、交流する現在の長谷川さんの姿をご紹介します。新聞記事は9年8月18日の読売新聞朝刊掲載=読売新聞 ストリーム班撮影 2019年8月18日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 18

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ