新春「打ち初め式」…岐阜県関市

「刃物のまち」として知られる岐阜県関市の関鍛冶伝承館で2日、「関伝古式日本刀鍛錬打ち初め式」が行われ、大勢の見物客が見守る中、刀匠9人が伝統の技を披露した。刃物業界の安全と発展を祈願する新春の恒例行事で、関伝日本刀鍛錬技術保存会が主催。熱気の立ちこめる鍛錬場には約750人(主催者発表)の見物客が訪れ、烏帽子(えぼし)に白装束姿の刀匠9人による伝統の技を息をのんで見守った。刀匠が、刀の原料になる「玉鋼(たまはがね)」を約1300度に熱し、真っ赤にして台に載せ、大槌(おおづち)でたたいて打ち延ばすと、「ガキン」「ガコン」という高い音が響き渡った。オレンジ色の火の粉が鮮やかに飛び散ると、見物客から歓声が上がった=中部支社写真グループ 佐藤俊和撮影 2020年1月2日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 28

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ