海上部680メートル、復興の橋つながる…宮城・気仙沼

宮城県気仙沼市で気仙沼湾の南北を結ぶ「気仙沼湾横断橋(仮称)」の建設が進んでいる。国が東日本大震災からの「復興道路」と位置づける三陸道(仙台市―青森県八戸市、全長359キロ)の一部。今月12日につながり、国土交通省東北地方整備局は年内の完成を目指している。長さ1344メートル(海上部680メートル)は、主塔とケーブルで橋を支える斜張橋としては東北で最長。近くには昨春開通の気仙沼大島大橋(356メートル)もある(小型無人機で撮影)=東京本社写真部 上甲鉄撮影 2020年6月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 36

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ