東急東横線、建設現場の足場が崩れ運転見合わせ

2日午後10時20分頃、東京都目黒区の東急東横線自由が丘―都立大学駅間で、線路沿いの建設現場の足場が崩れて架線に引っかかり、停電が発生した。同線は直後から渋谷―武蔵小杉駅間で運転を見合わせた。3日午前も復旧作業が続き、通勤ラッシュを直撃した。同日昼過ぎに運転が再開される見通しという。けが人はいなかった(読売ヘリから)=東京本社写真部 大石健登撮影 2021年3月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 15
  3. 16
  4. 17
  5. 57

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)