読売新聞オンライン

メニュー

名産のウメ使った梅酒の仕込み作業が最盛期…水戸の酒造会社

青々と実ったウメを使った梅酒の仕込み作業が、水戸市の酒造会社「明利酒類」で最盛期を迎え、醸造所内は甘酸っぱいにおいに包まれている。同社では、焼酎と糖類が入ったタンクに、洗ったばかりの茨城県産のウメ「ふくゆい」を投入する作業が続けられている。タンク1基(6000リットル)あたり、2.2トンのウメの実を使う。今季は6月中にウメの実約86トン分の梅酒を仕込む予定で、タンクで3~5年、熟成させた後、出荷前にブランデーやはちみつで味を整える=東京本社写真部 菅野靖撮影 2021年6月10日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 45

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)