リフトで乾燥 天空米…新潟・南魚沼市

新潟県南魚沼市の石打丸山スキー場で、刈り取ったばかりのブランド米「南魚沼産コシヒカリ」の稲穂をスキーのリフトにつるす「天空米」の乾燥作業が行われている。オフシーズンに稼働していないリフトの有効活用を図ろうと、リフトの管理会社が2004年に開始した。稲穂を片道約400メートルのリフト2基の椅子計160席の前後 につるし、4、5日間、天日干しすることで、炊きあがり時にお米本来の良い香りが出る=東京本社写真部 菅野靖撮影 2021年9月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 55

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)