「カズワン」を陸揚げ 乗客の家族らに公開

北海道・知床半島沖で乗客乗員26人を乗せた観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、船体が1日、網走港(北海道網走市)に陸揚げされた。船体後部の船底には、穴や亀裂とみられる損傷が確認された。今回の損傷は沈没後にできた可能性もあり、第1管区海上保安本部は事故との関係を慎重に調べる。陸揚げ作業は1日午前7時頃に開始。ブルーシートに包まれた船体は作業台船から降ろされた後、トレーラーで数百メートル離れた保管場所に移された。1管は同日午後、乗客の家族らに公開。9家族27人が出席し、保管場所の献花台に花を手向けた。1管の横内伸明警備救難部次長によると、船体を見て涙を流す家族もおり、「なぜ事故が起きたのかしっかり捜査をしてほしい」「捜索も引き続きお願いします」との声が上がったという=北海道支社報道課 佐々木紀明撮影、(読売機から)高橋美帆撮影 2022年6月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 59

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)