「火の悪魔」新種のイソギンチャク…ヤドカリと一緒に引っ越し

三重県沖の熊野灘など日本近海で発見されたイソギンチャクは、ヤドカリの背負う貝殻といっしょに暮らす。ヤドカリが成長して新しい「宿」に引っ越すと、ヤドカリはイソギンチャクをはぎ取って、新しい宿に載せ替えた。研究チームは触手を伸ばす姿が映画「ハウルの動く城」の火の悪魔「カルシファー」に似ていることにちなみ、学名を「スティロベイツ・カルシファー」と命名した(東京大提供の映像をもとに加工)=2022年7月7日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 59

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)