スケボー女子ストリート 金・西矢選手、銅・中山選手が会見

東京五輪のスケートボード女子ストリートで、日本勢史上最年少の13歳で金メダルに輝いた西矢椛(もみじ)選手と、銅メダルを獲得した16歳の中山楓奈(ふうな)選手が27日、東京都内で記者会見し、西矢選手は「うれしすぎて涙が込み上げてきた」と優勝が決まった瞬間を振り返った。1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを14歳で制した岩崎恭子さんは当時、「今まで生きてきた中で一番幸せ」と名言を残した。これについて問われた西矢選手は「今のところは一番いい思い出です」。中山選手は、ご褒美として「漫画を買ってもらいたい」と語った=代表撮影 2021年7月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 23

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)