網走で「流氷接岸初日」、観測史上最も遅い記録

北海道網走市の網走地方気象台は22日、流氷が海岸に到達し、船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を観測したと発表した。昨年より34日、平年より20日遅く、統計が始まった1959年以降で最も遅かった91年(2月21日)の記録を更新した。89年は流氷の接岸が観測されなかった。網走では、陸から流氷が確認できる「流氷初日」を1月28日に観測したが、流氷は沖合で停滞していた。冬の道東観光の代名詞となっている網走の流氷観光砕氷船「おーろら」が今季、流氷と遭遇できたのは21日までにわずか3日間だった(読売機から)=東京本社写真部 菅野靖撮影 2016年2月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 277

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ