世界遺産目指す祈りの場…旧野首教会堂

長崎県・五島列島の北に位置する野崎島(小値賀町)。野生のシカが群れる斜面に立つ、レンガ造りの旧野首教会堂が、かつてキリシタンの集落があった往時を伝える。政府が今年1月に推薦を決定し、来年、世界文化遺産への登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。大浦天主堂(長崎市)や島原の乱の舞台だった原城跡(長崎県南島原市)など14の資産で構成され、旧野首教会堂も、そのひとつだ=西部本社写真部 大野博昭撮影 2015年4月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 260
  3. 261
  4. 262
  5. 363

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ