NYの高校生が被災地訪問を報告

東日本大震災の被災地を訪れた米・ニューヨークの中高生が20日、東京大学(東京都文京区)の伊藤国際学術センターで報告会を行った。被災地訪問は、教育支援を行う米のNPO法人「Global Kids」が、被災地支援を行う認定NPO法人「カタリバ」(東京都杉並区)に依頼して初めて実現。ニューヨークの学校に通う中高生男女9人は13日から1週間、宮城県女川町や石巻市などを訪問し、同市立大川小学校に通っていた娘を亡くした遺族や、当時を知る大学生から話を聞いた。20日の報告会では、中高生が3班に分かれて「生まれ変わる被災地」「災害があった時、他の国は何ができるか」などのテーマで報告。ニューヨーク・ブライアント高校10年生(日本の高校1年生)のジャリーナ・エリスさん(15)は「被害が大きいままだと思っていたが、復興は進んでいると感じた。前向きに立ち向かう人々に出会って被災地の印象が変わった。帰国したら今の被災地の姿を伝えたい」と訴えた。カタリバの今村亮さん(32)は「現地を見て伝わったものがあると思う。共感したことを地元で伝えてほしい」と話した=東京本社地方部内信課 長嶋徳哉撮影 2015年8月20日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 300

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ