「日本橋金魚すくいグランプリ」 予選会が開幕

金魚すくいの腕自慢が記録を競う「日本橋金魚すくいグランプリ」の予選会が、東京都中央区日本橋の商業施設などで行われている。大会は、金魚で街を活性化させようと日本橋の保存活動などに関わる市民らが主催して今年で3回目。縦45センチ、横1メートル25の木箱の中で泳ぐ金魚を、3分間で何匹すくえるか競う。1日に日本橋三越本店3階で行われた予選会には約30人が参加。中には10匹以上すくい上げた男子児童もいて、会場の見物客らから拍手が起きた。予選に参加するのとは別に200円払えば金魚すくいが体験でき、この日だけで親子連れなど約260人が夏の風物詩を楽しんだ。予選会はデパートなど日本橋の4会場で7~8月の計8日間行われる。各会場を勝ち抜いた計20人が、30日の決勝に進出する予定。昨年は38匹をすくい上げた女子高生が優勝した。問い合わせは事務局(03・3270・2550)=東京本社地方部内信課 長嶋徳哉撮影 2015年8月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 243

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ