体揺らし念仏唱和、京都・東本願寺で「坂東曲」

真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で28日、宗祖・親鸞の遺徳をしのぶ最大の法要「報恩講」が最終日を迎え、僧侶が体を大きく揺らしながら念仏を唱和する「坂東曲(ばんどうぶし)」が営まれた。坂東曲の由来は、約800年前、弾圧を受け京から越後(新潟県)へ流罪となった親鸞が、荒波にもまれながら船上で念仏を唱えた姿を表すとも伝わり、旧暦で命日にあたる11月28日に毎年行われている。この日朝、御影(ごえい)堂には門信徒など約7000人が参列。僧侶70人が親鸞像前に着座し、体を前後左右に揺さぶりながら、独特の節回しで念仏や仏の教えをたたえる和讃(わさん)を唱えた=京都総局撮影 2015年11月30日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 287

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ