読売新聞オンライン

メニュー

若草色呼ぶ 山の炎

国の天然記念物に指定されている伊東市の大室山(標高580メートル)で15日、鎌倉時代から700年以上続く伝統の山焼きが行われた。噴火口周辺を焼く「お鉢焼き」や神事の後、抽選で選ばれた観光客70人や関係者がたいまつでふもとに点火すると、茶色のカヤに覆われた山肌を炎が勢いよく駆け上がり、黒く塗り替えていった(読売ヘリから)=東京本社写真部 前田尚紀撮影 2015年2月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 313
  3. 314
  4. 315
  5. 406

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)