読売新聞オンライン

メニュー

もっと白く 雪ざらし…富山

富山県南砺市の東中江和紙加工生産組合(宮本友信組合長)で、伝統工芸品の和紙「悠久紙」の原料となるコウゾの「雪ざらし」が行われている。雪ざらしはクワ科のコウゾに含まれる葉緑素を抜くための作業。雪の上に10日間ほどさらして日光に当てると、葉緑素が抜けてだんだんと白くなってくる=高岡支局 細野登撮影 2015年1月16日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 317
  3. 318
  4. 319
  5. 404

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)