平等院鳳凰堂 修理を終える

京都府宇治市の世界遺産・平等院鳳凰堂(国宝)で行われていた56年ぶりの大規模修理で、最後に残っていた「尾廊」部分の修理が終わり、1日、落成式が行われた。鳳凰堂は、本尊・阿弥陀如来坐像を安置する「中堂」、その左右に設けられた「翼廊」、中堂の後方に延びる「尾廊」からなる。中堂と翼廊の修理が終わった今年4月に拝観を約1年半ぶりに再開し、尾廊部分の瓦の葺き替えや、赤褐色の顔料「丹土」による柱の塗り直しが続いていた(読売ヘリから)=大阪本社写真部 永尾泰史撮影 2014年10月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 277
  3. 278
  4. 279
  5. 362

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ