平等院鳳凰堂 修理を終える

京都府宇治市の世界遺産・平等院鳳凰堂(国宝)で行われていた56年ぶりの大規模修理で、最後に残っていた「尾廊」部分の修理が終わり、1日、落成式が行われた。鳳凰堂は、本尊・阿弥陀如来坐像を安置する「中堂」、その左右に設けられた「翼廊」、中堂の後方に延びる「尾廊」からなる。中堂と翼廊の修理が終わった今年4月に拝観を約1年半ぶりに再開し、尾廊部分の瓦の葺き替えや、赤褐色の顔料「丹土」による柱の塗り直しが続いていた(読売ヘリから)=大阪本社写真部 永尾泰史撮影 2014年10月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 353
  3. 354
  4. 355
  5. 434

紙面連載企画

日本テレビ系列・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)