黄金の「オニオコゼ」お目見え 京都水族館

京都府伊根町沖の日本海で、黄金色のオニオコゼ(体長約20センチ)が見つかり、京都市下京区の京都水族館で展示されている。5月28日に定置網にかかったものを同館が引き取った。オニオコゼは土や岩に化けて小魚を捕食するため、黒褐色など地味な体色が一般的で、全身が黄金色になるのは珍しいという=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2014年6月11日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 293
  3. 294
  4. 295
  5. 363

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ