100畳敷の大凧、空に舞う

滋賀県東近江市で25日、「東近江大凧(だこ)まつり」があり、県内外から参加した130人が100畳敷の大凧(縦13メートル、横12メートル、重さ約700キロ)を大空に舞わせた。今年は、3年ぶりにデザインを新調。向き合う燕(つばめ)と、漢字で「繋」を描き、「縁(燕(えん))あって繋(つな)がる」との願いを込めた。この日は、4回目の挑戦で48メートルの高さまで揚がった=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2014年5月26日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 281

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ