奥穂高岳で5人動けず…県警ヘリが救助

6日午前5時5分頃、北アルプス・奥穂高岳(3190メートル)の標高約2700メートル付近の雪の斜面で、20~60歳代の男女5人が低体温症や疲労で動けなくなっていると、長野県内の山岳会の仲間から県警松本署に救助要請があった。県警は同日午後4時5分頃、男女5人と、一緒にビバークしていた山岳会の仲間3人の計8人を県警ヘリで救助した(読売機から)=東京本社写真部 飯島啓太撮影 2014年5月7日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 433
  3. 434
  4. 435
  5. 465

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)