読売新聞オンライン

メニュー

神秘の雪壁15m…立山黒部アルペンルート

富山、長野両県の北アルプスを貫く「立山黒部アルペンルート」が16日、冬季閉鎖を終えて全線開通した。登山口の室堂(2450メートル)近くの「雪の大谷」(2390メートル)には早速、大勢の観光客やスキーヤーが訪れた。道路両側に残る雪壁の高さは最大15メートル。雪壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」は午前10時に始まり、観光客たちが散策を楽しんだ。=高岡支局 細野登撮影 2014年4月17日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 345
  3. 346
  4. 347
  5. 405

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)