小保方氏がSTAP論文問題で反論会見

STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー(30)は9日、大阪市内のホテルで記者会見した。小保方氏は「STAP細胞の作製には成功しており、真実です」と訴え、理研に不服申し立てを行った理由を説明した=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2014年4月9日公開  ※フラッシュの点滅にご注意ください

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 258

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ