読売新聞オンライン

メニュー

大覚寺襖絵が250年ぶりに複製で里帰り

京都市右京区の旧嵯峨御所大覚寺門跡で3日、米ミネアポリス美術館に所蔵されている伝狩野山楽筆「四季耕作図襖(しきこうさくずふすま)」全16面の複製品が奉納された。「四季耕作図襖」は元々、大覚寺正寝殿竹の間を飾ったといわれる作品で、高精細複製品による里帰りを実現、約250年ぶりに再現された=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2014年4月3日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 347
  3. 348
  4. 349
  5. 404

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)