室戸岬沖で漁船から煙…乗組員7人乗船か

2日午前10時45分頃、高知県・室戸岬の南約410キロ沖の太平洋上で、マグロ漁船「第八海星丸」(19トン)から煙が上がっているのを、第5管区海上保安本部(神戸市)の航空機が発見した。日本人2人とインドネシア人5人の計7人の乗組員が乗船しているとみられ、田辺海上保安部(和歌山県田辺市)の巡視船などが消火と救助に向かった=第5管区海上保安本部提供 2014年3月2日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 276

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ