転落防止に「どこでも柵」

開閉する位置を自由に変えられる転落防止のための「どこでも柵」。扉の位置や数の異なる列車に対応できる。既存車両の継続使用が可能で、定点停止装置の導入が不要となるなどのメリットがある。今後はフィールド実験を経て、商品化を目指すという=東京本社写真部 鷹見安浩撮影 2012年11月8日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 244

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ