目の前で大聖堂が崩れた NZ地震

ニュージーランド・クライストチャーチを直撃した強い地震で、同国を観光中に被災した日本人らが24日、同国発の直行便で関西空港に帰国し、「目の前で大聖堂が崩れ、だめかと思った」と地震発生時の生々しい様子を語った。観光で訪れていた兵庫県たつの市の男性会社員(33)は地震があった22日、大聖堂前で妻と2歳の娘をビデオカメラで撮影していた。突然、「ゴォー」という地響きのような音が鳴り、激しい揺れに見舞われ、3人とも地面に倒れ込んだ。振り返ると、大聖堂の尖塔(せんとう)が倒れてくるのが見えた。「もうだめだ」と思ったが、尖塔は男性の家族から約10メートル離れた場所に崩れ、難を逃れた。直後、周囲は粉じんに包まれたという=読者提供 2011年2月24日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 287

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ