読売新聞オンライン

メニュー

和歌山で南海トラフ広域医療防災訓練

南海トラフ巨大地震を想定した広域医療訓練が31日、和歌山県内で行なわれた。県内外から到着した災害時派遣医療チーム(DMAT)が、衛星電話などを使って被災地などの情報をもとにチームを指示。南紀白浜空港では、自衛隊のC−1輸送機で到着した医療チームが広域医療搬送拠点を設営し、治療活動を行なった=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2013年8月31日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 371
  3. 372
  4. 373
  5. 405

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)