読売新聞オンライン

メニュー

オーストリアの古城に大坂城描いた屏風絵

オーストリア南部の都市、グラーツ郊外にある世界遺産・エッゲンベルク城で、豊臣期の大坂城と城下町を描いた屏風(びょうぶ)絵が残っている。屏風絵は、8曲1隻(高さ約1.7メートル、幅約4.7メートル)。江戸時代初期に制作され、船で欧州に運ばれた可能性が高いと言われている=大阪本社写真部 原田拓未撮影 2013年8月7日公開:取材協力  エッゲンベルク城(http://www.museum-joanneum.at/en/schloss_eggenberg)

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 373
  3. 374
  4. 375
  5. 406

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)