読売新聞オンライン

メニュー

清水寺、「根継ぎ」工法で柱の修理本格化

世界遺産・清水寺(京都市東山区)の国宝・本堂の柱の修理が本格化し、22日、報道陣に公開された。悼んだ根元を切り取って新しい木に替える「根継ぎ」工法で、9月下旬までに柱9本の作業を終える。この日は、2本目の柱用に作業員が新たな部材を加工していた=大阪本社写真部 若杉和希撮影 2013年8月22日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 371
  3. 372
  4. 373
  5. 405

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)