夜空に重なる光の輪

大漁と航海の安全を祈願する富山県魚津市の伝統行事「たてもん祭り」が2日、同市の諏訪神社で行われた。漁船の帆に見立てた三角形の大柱に約90個のちょうちんをつるした「たてもん」が威勢良く引き回され、夜空に色とりどりの光をまき散らした。たてもんは高さ約16メートル、重さは約5トン。祭りでは、これを約80人で押して勢いよく回転させる。300年以上前に始まったとされ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。=高岡支局 細野登撮影 2013年8月5日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 271
  3. 272
  4. 273
  5. 300

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ