山里彩る玉すだれ 串柿作り最盛期

正月飾りに使う串柿の生産が、和歌山県かつらぎ町の四郷地区で最盛期を迎えている。山から乾いた冷たい風が吹きおろす四郷地区は、干し柿作りに最適とされる場所。皮をむいた柿を長さ約50センチの竹串に10個ずつ通してつるし天日干しする。作業は12月上旬まで続き、主に京阪神へ出荷される=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2013年11月8日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 320
  3. 321
  4. 322
  5. 363

紙面連載企画

日テレ・BS日テレ

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ