海中ロボットが沼津市で公開実験

大阪大学は28日、大学院工学研究科の加藤直三教授の研究グループが開発した、深海底から噴出する重油やガスを自動追跡できる海中ロボットの公開実験を、静岡県沼津市内浦三津の沖合で行った。ロボットは、全長約2・6メートル、重さ320キロの円筒形。海水に含まれる微量の原油や天然ガス成分をセンサーで検知し、流出元の探索や、逆にどのように流出が拡大していくかを予測することができるという=静岡支局 平山雄大撮影 2013年4月1日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 243

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ