寒風で甘くなあれ 「寒もち」作りピーク

短冊状に切った餅を寒風で乾燥させる「寒もち」作りが、富山県立山町でピークを迎えている。北陸地方の農家のおやつとして知られる寒もちは、赤カブやクチナシで赤や黄色に染め、軒下などにつるして水分を抜く。40日ほど立山連峰からの寒風にさらすことで甘みが増すといい、焼いたり油で揚げたりして食べる。同町の農事組合法人「食彩工房たてやま」では、近所の主婦ら約15人が手作業でもちを数珠状にひもで結ぶ作業をしていた=高岡支局 細野登撮影 2014年1月27日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 243
  3. 244
  4. 245
  5. 294

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ