747ジャンボ機、お別れの遊覧飛行

3月末で国内旅客便から姿を消すボーイング747型機(愛称・ジャンボ)が12日、大阪府豊中市や兵庫県伊丹市など大阪(伊丹)空港近隣5市の住民ら約470人を乗せて遊覧飛行を行った。2階席がある客室と4基のエンジンが特徴。騒音対策で、同空港では2006年に離着陸禁止となったが、全日空が住民らの了解を取って実現した。格納庫前で行われた見学会の後、約1時間半かけて富士山などを巡った=大阪本社写真部 小出夏来、原田拓未(格納庫前)撮影

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 433
  3. 434
  4. 435
  5. 482

紙面連載企画

トピック

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)