冬空の下で「凍みこんにゃく」作り

茨城県常陸太田市で伝統の「凍(し)みこんにゃく」作りが今年も行われている。田んぼにわらを敷いてハガキ大のこんにゃくを並べ、水をかけ、夜間は冷凍、日中は乾燥させる。この作業を20日間ほど続け、仕上げに1週間ほど乾燥させると完成だ。自然の力を利用し、手間ひまかけて作られた「凍みこんにゃく」は湿気を避ければ50年以上保存できるという(読売ヘリから)=東京本社写真部 守谷遼平撮影 2014年1月8日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 244

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ