被災地を描いた巨大絵画、今年も神戸で公開

画家・加川広重さんが東日本大震災の被災地を描いた巨大水彩画2作品が神戸市中央区のデザイン・クリエイティブセンター神戸で展示されるのを前に4日、設置作業が行われた。昨年も神戸で公開された「雪に包まれる被災地」と、「南三陸の黄金」の2作品。絵は24枚のパネルを組み合わせた、いずれも縦5・4メートル、横16・4メートルの大きさで、2作品が同時に公開されるのは宮城県外では初めて。期間は今月5日から阪神大震災から19年となる17日まで=神戸総局 枡田直也撮影 2014年1月6日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 300

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

特集

トピック

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ