香川大が地震訓練システムを開発

学校を襲う地震被害をコンピューターグラフィックス(CG)でスクリーンに映し、適切な避難行動がとれるかを試す初の公開訓練が11日、香川大学危機管理研究センター(高松市林町)で行われた。自動車学校やパイロットの訓練施設にあるシミュレーターのような専用システムを、同センターが開発。「窓ガラスが割れ、生徒が負傷」「校舎から出火」など様々な状況を設定することができ、教職員などを対象にした訓練で活用し、防災力アップにつなげる=高松総局 有好宏文撮影 2013年6月12日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 243

日テレ・BS日テレ

特集

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ