梶田さんノーベル賞 光電子増倍管の実物展示

東京大宇宙線研究所所長・梶田隆章さんのノーベル物理学賞の受賞が決まったことを受け、大阪市北区の市立科学館でニュートリノを解説する展示コーナーが来館者の注目を浴びている。同館では、梶田さんがニュートリノに質量があることを突き止めた研究に使われた素粒子観測装置「スーパーカミオカンデ」に設置されている光電子増倍管の実物のほか、2002年にノーベル賞受賞の小柴昌俊・東大特別栄誉教授が宇宙から来たニュートリノをとらえたカミオカンデ用の光電子増倍管を常設展示している=大阪本社写真部 海上英敏撮影 2015年10月9日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 252

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ