サバンナの狩人「サーバルキャット」登場

サバンナの美しすぎる狩人と言われる「サーバルキャット」が10日、神戸市中央区の神戸どうぶつ王国にデビューする。今年5月生まれのオスとメス2匹で、体長約60cm、体重約4kg。成体になれば体長70~100cmになるという。サーバルキャットは大型のネコ科の動物で、大きな耳、大きな目と、全身にはっきりとした黒い斑模様が印象的。サバンナの背丈の高い草むらや草原、川辺などに単独で暮らし、ウサギやネズミ、ハイラックスなどの小動物や鳥を捕食する=大阪本社写真部 小出夏来撮影 2015年10月9日公開

番組、CM、イベントで使う

動画の利用

スクープ、ユニーク映像募集中

動画の投稿
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 264

日テレ・BS日テレ

紙面連載企画

トピック

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ